海外留学・インターンという選択肢

留学イメージ

海外留学インターン情報「AJK」は海外でのインターンや留学を通して海外経験を積み、国際的に活躍することを目指す学生のための情報サイトです。

これから留学や海外インターンに参加しようと考えている学生、その家族の方にぜひ参考にしていただきたいと考えています。

留学は人を変えて未来を変える

インターン先生

近年海外留学をする人や、実際に現地の企業に入って働いてみる学生が増えています。なぜ彼らは参加することを決めたのでしょうか。また、参加することでどんなことを得られるのでしょうか。

海外だから得られること、そしてその後の人生に与える影響も考えてみたいと思います。

適応して自立する海外の環境

海外で生活していくには自主性を持って過ごさなければいけません。そうせざるを得ない環境に身を置くこととなるのです。しかしそのことで自分で考えその時間を過ごした学生は帰国後自身に溢れています。

親元を離れて、甘えることが許されない環境で、コミュニケーションは英語で自分から話しかけなければ何も進まない。そうした時間を乗り越えた後は、人間として大きく成長しているでしょう。

異文化に触れる重要性

国が違うことで考え方や価値観が異なる人や物に触れます。今までの発想では解決できないと知ると、新たに自分で考えることとなります。異文化と触れることは考え方の幅を広げて前に進む力をつけることとなります。そのためインターンや留学に参加すると問題解決力がつくと考えられています。

自分と異なる国の人と触れ合うことは驚きや戸惑いの連続になります。ただそういった違いの中で上手く調整をして人と付き合って行けることこそ国際感覚です。

語学は勉強じゃない。コミュニケーション

語学力は単語の暗記や文法を理解することから始まりますし、それも重要な事です。しかしあくまで語学はコミュニケーションを取るための道具にすぎません。

留学や海外インターンでは、現地のネイティブと直接話す機会が増えることで圧倒的な語学力の向上を見込むことができます。日本で生活するネイティブの人はたくさんいますし、日本にいながら生きた英会話を学ぶ方法も実際あります。

しかし先にも述べたように、自分から積極的に英語を駆使してコミュニケーションを取らなければいけない環境である留学やインターンでは、その語学力向上スピードは全く異なってきます。

日本での英会話は所詮「習い事」ですから、別に必要に迫られていない環境で能力は伸びません。

【参考サイト】
アジア(台湾)でのインターン

サブコンテンツ

このページの先頭へ